最初の一冊

担当編集者による、お勧めの「ファースト・堂場」です。読書ガイドにどうぞ。